外国史A 課題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数186
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    外国史東洋大学通信今村

    代表キーワード

    外国史

    資料紹介

    1848年の革命とハプスブルク帝国の諸民族について  あくまで参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     フランス革命で登場したナポレオンとその革命政府軍により、ハプスブルク帝国は領土を失い、神聖ローマ帝国も消滅してしまった。その後、ナポレオンは島流しされ、オーストリア外相ニッテルニヒが中心となり1814年からウィーン会議が開かれる。そこでハプスブルク家は領土を多く取り戻すことに成功した。そして、この会議で形成されたヨーロッパ秩序が勢力均衡である。強国が勢力を均衡させることにより平和を守ろうとした。しかし、それは少数民族にとっては良いことではない。
     また神聖ローマ帝国に変わって、ドイツ連邦が建設されオーストリアが議長国となった。その後自由主義運動や民族主義運動を封じ込めるためにオーストリア、ロシア、プロイセンは神聖同盟を結んだ。その頃、オーストリアを支配していたのは事実上、メッテルニヒで、検閲を厳しくしたり警察を多く配備したりと市民を自由にさせないようにした。
     しかし、1848年パリで革命が起き、ウィーンでも警官隊と市民が衝突し革命が起きた。労働者は工場を破壊し、公共建築物も破壊していった。学生は学問の自由を訴えた。だが軍隊によって弾圧されてしまう。
     そして避難していた皇帝フランツ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。