日本史B  課題1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数243
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    東洋日本史通信藤枝江戸時代百姓

    代表キーワード

    日本史

    資料紹介

    江戸時代の百姓についてのリポートです。 あくまで参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近世初期に幕府が設置した藩は、給人知行所の支配を廃止し、村は大名領主が管理することになる。荘園制度により土地の所有者が複雑になり、用益が不安定で地域によって偏差が生じた。豊臣秀吉による太閤検地は、百姓が独自に築いた生活共同体を軸として、小さな村をとりまとめて編成したり、広大な土地の村を分画したりして、荘園制度を崩壊させ、複雑化していた土地と農民を村毎に分属させた。山林や漁場は、基本的に周辺の村に入会地として所属した。
     子どもらは十五歳になれば、一人前の村人として認められ、男は若者組、女は娘組に属しその中で仲間との交流を深め、集団の規律を学んだ。若者組は、若衆宿という共同生活のための施設を所有した。その一員は、村の力仕事を率先して行い、消防や警察などの役割や、村の神社の祭礼も担い、村のために協力し合う。
     村内の上層階層以外の百姓は、経営が不安定であるために、土地を質入れして借金した。その際に借金の返済期限に請戻しが出来なくとも、質入れした土地は質流れされない慣行が全国各地で起きた。返済期限が過ぎた後、元金さえ支払えば請戻し出来、始めから請戻し期限を設定しないことさえもある。貸す側の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。