「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえ…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,112
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    <課題名>
    「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。
    ※福祉現場以外の方は、「社会福祉士の役割」について自身の考えを自由にまとめなさい。
    <引用・参考文献>
    1) 社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の基盤と専門職』(第2版)〈新・社会福祉士養成講座6〉、中央法規出版、2010年
    2) 社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の理論と方法Ⅰ』(第2版)〈新・社会福祉士養成講座7〉、中央法規出版、2010年
     「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめていきたい。
     まずはじめ社会福祉士の役割をまとめていきたい。
     社会福祉士の役割とは社会福祉学を基盤に、ソーシャルワーク実践を行う専門職のことである。社会福祉士、精神保健福祉士などがソーシャルワーカーの代表である日本では、社会福祉士や精神保健福祉士などの国家資格の歴史が比較的浅く、制度上も名称独占であって、業務独占とはなっていない。そのため、国家資格をもたないでも、ソーシャルワーク実践をしている。資格の有無を問わずソーシャルワーカーは、ソーシャルワークの価値を基盤に、専門の知識とスキル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。