地域福祉が目指す福祉コミュニティの設計に求められ…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数735
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉が目指す福祉コミュニティの設計に求められる「地域福祉の方法」について整理しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    地域福祉が目指す福祉コミュニティの設計に求められる「地域福祉の方法」について整理しなさい。
    <引用・参考文献>
    1)高橋幸三郎著『地域づくりの福祉援助』ミネルヴァ書房、2004年
    2)上野加世子・松端克文・山縣文治編『よくわかる地域福祉』(第4版)<やわらかアカディズム・(わかる)シリーズ>、ミネルヴァ書房、2010年p.176-p177。
    3)社会福祉士養成講座編集委員会編『地域福祉の理論と方法』(第2版)<新・社会福祉士養成講座9>、中央法規出版、2012年。
     はじめに、地域福祉が目指す福祉コミュニティの設計に求められる「地域福祉の方法」について述べたい。
     地域福祉の方法とは、地域福祉の担い手がその目的・目標の達成(すなわち、福祉コミュニティの設計)のために用いる手段といえる。すなわち、地域生活の中から考える地域福祉づくりを行うことである。人は時代がどんな時代であれ、自立して生活したいと願っているものである。いろんな人だちとともに歩みながら、いろんな人の人権が育まれる街で暮らしたいと考えている。しかし、実際には地域生活においてたくさんの生活課題を抱えながら地域生活を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。