障がい者福祉の理念としての「ノーマライゼーション…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数887
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障がい者福祉の理念としての「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」の概要について説明し、障がい者福祉を進めていく上での意義について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    障がい者福祉の理念としての「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」の概要について説明し、障がい者福祉を進めていく上での意義について述べなさい。
    <引用・参考文献>
    1) 小澤温編『よくわかる障害者福祉<やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ(初版)』ミネルヴァ書房,2003年。
    2)精神保健福祉士養成セミナー編集委員会編『精神リハビリテーション学(第3版) 』<精神保健福祉士養成セミナー第3巻>,へるす出版,2005年。
    3)社会福祉士養成講座編集委員会編『障害者に対する支援と障害者自立支援制度(第2版)』<新・社会福祉士養成講座第14巻>中央法規,2010年。
     障がい者福祉の理念としての「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」の概要について説明し、障がい者福祉を進めていく上での意義について述べたい。
     はじめに、ノーマライゼーションの概要を述べたい。ノーマライゼーションは、障害者や高齢者など社会的に不利を受けやすい人々(弱者)が、社会の中で他の人々と同じように生活し、活動することが社会の本来あるべき姿であるという考え方であり、また、弱者がスムーズに社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。