2010年の流行語大賞ベスト10に選ばれた「無縁社会」…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数450
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年の流行語大賞ベスト10に選ばれた「無縁社会」という言葉について、無くなっていきつつある「縁」とはいったいどのようなもので、それらが日本人の生活にどのような役割を果たしていたのかについて論じ、また、それらが無くなりつつある現在、日本の社会福祉制度および実践(者)はどのように対応していけばよいか、あなたなりの考えを述べてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    2010年の流行語大賞ベスト10に選ばれた「無縁社会」という言葉について、無くなっていきつつある「縁」とはいったいどのようなもので、それらが日本人の生活にどのような役割を果たしていたのかについて論じ、また、それらが無くなりつつある現在、日本の社会福祉制度および実践(者)はどのように対応していけばよいか、あなたなりの考えを述べてください。
    <引用・参考文献>
    1) NHK「無縁社会プロジェクト」取材班『無縁社会』文蔡春秋,2010年。
    2) 島田裕巳著『人はひとりで死ぬ「無縁社会」を生きるために』NHK出版新書,2011年。
    3) 橘木俊詔著『無縁社会の正体』株式会社PHP研究所,2011年。
     家族、地域、会社などにおける人とのきずなが薄れ、孤立する人が増えている社会を「無縁社会」と呼んでいる。その言葉についてと、無くなっていきつつある「縁」とはいったいどのようなもので、それらが日本人の生活にどのような役割を果たしていたのかについて論じたい。また、それらが無くなりつつある現在、日本の社会福祉制度及び実践(者)はどのように対応していけばよいか、私の考えを述べていきたい。
     近..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。