【自殺と社会との関係】日本では自殺者が年々増加し…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数442
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【自殺と社会との関係】日本では自殺者が年々増加しており、2006年には自殺対策基本法が制定されるなど、自殺者を減らすことが課題となっている。これらの自殺を予防するにはどうすればよいかあなたの意見を書いて下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    【自殺と社会との関係】日本では自殺者が年々増加しており、2006年には自殺対策基本法が制定されるなど、自殺者を減らすことが課題となっている。これらの自殺を予防するにはどうすればよいかあなたの意見を書いて下さい。
    <引用・参考文献>
    1)宮島喬著『デュルケム「自殺論」を読む』<岩波セミナーブックス29>岩波書店、1989年
    2)社会福祉士養成講座編集委員会編『社会理論と社会システム』(第2版)<新・社会福祉士養成講座3>、中央法規出版、2010年。
    3)内閣府HP、
    (http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/index.html)
     日本では自殺者が年々増加してきており、2006年には自殺対策基本法が制定されるなど、自殺者を減らすことが課題となっている。これらの自殺を予防するにはどうすればよいか共生社会をキーワードにして意見を述べていきたい。
     まずは日本の現状を説明すると、自殺者は年々増加しており大型企業倒産・銀行破綻が相次いだ、平成10年に自殺者数が急増して以来、14年連続で年間自殺者数が3万人を超えている。23年の自殺者数は、総数3万6..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。