他者を援助する際に、自分が心がけていることを3~…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数726
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会健康障害評価支援指導能力援助

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    他者を援助する際に、自分が心がけていることを3~5つあげて記述しなさい。(現場経験のない人は、日常の人間関係のなかで心がけていることを3~5つあげて記述して下さい。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    他者を援助する際に、自分が心がけていることを3~5つあげて記述しなさい。(現場経験のない人は、日常の人間関係のなかで心がけていることを3~5つあげて記述して下さい。)
    <引用・参考文献>
    1)白澤政和・福山和女・石川久展編集『社会福祉士 相談援助演習』中央法規出版,20 09年。
     私は障害者の就労支援事業所で就労委支援が主な業務になっている。日々業務の中で、障がいのある方の支援をしている際、特に知的に障がいをもたれている方々に接する場合に心がけている点を述べていきたい。「本人の持っている能力を最大限に活かす」、「作業支援において指導、確認、評価をしっかり行う」、「本人の様子、状態をしっかり観察する」の3つの内容について、詳しく述べていきたい。
     最初に「本人の持っている能力を最大限にいかす」について述べたい。就労支援の事業所では、利用者が作業を通し社会参加し、その作業能力に応じて工賃をもらい、本人が自立した生活が送れることを目標にしている。そのため、仕事をするこという明確な目的があるり、社会的役割を担っているのである。障がい者、健常者の区別なく、自分のできることで働くとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。