障害者雇用制度と福祉サービスにおける就労支援制度…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数534
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害者雇用制度と福祉サービスにおける就労支援制度に関する基本的な仕組みと課題について押さえた上で、両制度の連携の必要性について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    障害者雇用制度と福祉サービスにおける就労支援制度に関する基本的な仕組みと課題について押さえた上で、両制度の連携の必要性について述べなさい。
    <引用・参考文献>
    1)社会福祉士養成講座編集委員会編『就労支援サービス』(第2版)<新・社会福祉士養成講座第18>,中央法規出版,2010年。
     障害者の就労に関して労働行政の障害者雇用制度、厚生行政の就労支援制度がある。その中で障害者の雇用就労を促進するため、障害者雇用促進法の改正、障害者自立支援法の成立等で就労支援強化をしてきた。これらの役割を整理するとともに、就労支援における現状と課題や、就労に対する専門性が高い労働行政機関との連携が必要なことを述べたい。
     労働分野での社会資源として、①ハローワーク、②地域障害者職業センター、③障害者就業・生活支援センター、④障害者職業能力開発校等がある。
     この4つの機関の中で大きな役割をはたす機関は①のハローワークである。全国に設置されており、障害者の雇用制度に関する中心的な機関である。障害者の相談窓口を持ち、障害者専門支援員、障害者職業相談担当員、障害者求人開拓担当員等の専門職員が就職を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。