スーパービジョンとは何か、定義・形態・なぜ必要な…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,033
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スーパービジョンとは何か、定義・形態・なぜ必要なのか、その理由を論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    スーパービジョンとは何か、定義・形態・なぜ必要なのか、その理由を論じなさい。
    <引用・参考文献>
    1)社会福祉士養成講座編集委員会編,『相談援助の理論と方法Ⅱ』(第2版),2010,p.184-p.200
     スーパービジョンとは何かを定義・形態から考察し、なぜ必要なのか、その理由を論じていきたい。
     ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する過程であると定義できる。
     このスーパービジョンの基本的な構成要素は3つある。スーパーバイジーに対してスーパービジョンを行うスーパーバイザー。スーパービジョンを受け、専門職として養成されるソーシャルワーカーのスーパーバイジー。スーパーバイザーとスーパーバイジーの間に結ばれる関係のことがスーパービジョン関係である。ソーシャルワーカーが専門職として更に成長していくように援助するために必要な構成要素である。
     それぞれの関連性としては、このスーパービジョンでは、スーパーバイザーとスーパーバイジーの間にスーパービジョン関係を結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。