社会調査における研究倫理と、その倫理に沿った調査…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数564
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会調査における研究倫理と、その倫理に沿った調査の具体的手続き、また調査の過程で知り得た個人情報の具体的な保護・管理について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    社会調査における研究倫理と、その倫理に沿った調査の具体的手続き、また調査の過程で知り得た個人情報の具体的な保護・管理について論じなさい。
    <引用・参考文献>
    1) 社会福祉士養成講座編集委員会編『社会福祉の基礎』(第2版)<新・社会福祉士養成講座第巻>,中央法規出版,2010年
     社会調査での倫理と個人情報保護は、社会福祉士法第46条で秘密保持義務が謳われており、こうした倫理規定を念頭におく必要がある。それを踏まえながら社会福祉士として守るべき調査に当たっての研究倫理と、倫理に則った社会調査の手続き、調査の過程で知り得た個人情報の保護・管理について述べる。
     研究倫理とは研究対象者となる人々のプライバシーや個人情報を擁護し、研究者の立場も守るために必要である。人間を対象とする研究分野では権利意識や個人情報などの重要性からも、社会全体から倫理(モラル)の厳守がもとめられている。日本社会福祉士会が「日本社会福祉学会研究倫理指針」、社会調査協会が定めた「社会倫理綱領」などである。しかし、対象者の権利擁護は非常に重要だが、研究を阻害する物であっては非合理的なので両者のバランスを取る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。