「子どもの権利」について「児童の権利に関する条約…

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数328
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「子どもの権利」について「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」について概観し、子どもの権利を守るための取組についてまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    「子どもの権利」について「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」について概観し、子どもの権利を守るための取組についてまとめなさい。
    <引用・参考文献>
    1) 高橋重宏、山縣文治、才村純編『子ども家庭福祉とソーシャルワーク』(第3版),有斐閣,2007年
    2) 井村圭壯、相澤讓治『児童家庭福祉の理論と制度』<福祉の基礎体系シリーズ⑨>,勁草書房,2011年
    3) 社会福祉士養成講座編集委員会編『児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度』(第3版)<新・社会福祉士養成講座第15>,中央法規出版,2012年
     児童の人権を擁護するための国際条約である「児童の権利に関する条約」の最大の特徴は、児童を大人と対等な近代的個人として捉えるウェルビーイングを取り込んだ点である。この条約は日本での児童の権利を守るための取組が飛躍的に向上させた。今回はこの条約について概観し、子どもの権利を守るための取組を述べていきたい。
     まず、児童の権利に関する条約について述べる。この条約は1989年11月第44回の国連総会で満場一致にて可決され、1990年9月に発行された。日本では採択から5年後の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。