(9月②)精神保健福祉援助演習(専門)「事例Ⅲ-2(医療観察法での入院と「医療保護入院」の違いを調べ、発表してください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数44
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題は1,000~1,200字でまとめたものになります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉援助演習(専門)
    「事例Ⅲ-2(医療観察法での入院と「医療保護入院」の違いを調べ、発表してください。)」
    (1,000字~1,200字で述べなさい)
    総合評価:A
    評価ポイント
     文章校正が適切である:優れている
     設題の趣旨を理解している:優れている
     論旨が通っている:優れている
     その他(コメント)
      「医療観察法の問題点について、今後も関心を持っていてください。」
     医療観察法での入院と医療保護入院の違いを述べると、医療観察法での入院の対象者は、心神喪失又は心神耗弱の状態(精神障害のために善悪の区別がつかない等、刑事責任を問えない状態)で、重大な他害行為(殺人、放火、強盗、強姦、強制わいせつ、傷害で、傷害以外は未遂も含み、傷害は軽微なものは対象とならない事もある)を行い、不起訴処分となるか無罪等が確定した人になります。入院診断は、検察官が医療観察法による入院を行うかどうかを地方裁判所に申し立てを行い、地方裁判所から指定された鑑定を行う医療機関で入院等が行われると共に、裁判官と精神保健審判員の各1名からなる合議体による審判が行われ、入院の要否と処遇内容の決定がなされ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。