(8月①)精神保健福祉相談援助の基盤(専門)「精神保健福祉領域における多職種連携とその際の精神保健福祉士の役割について述

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数238
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題は1,000~1,200字でまとめたものになります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉相談援助の基盤(専門)
    「精神保健福祉領域における多職種連携とその際の精神保健福祉士の役割について述べなさい。」
    (1,000字~1,200字で述べなさい)
    総合評価:B
    評価ポイント
     文章校正が適切である:良い
     設題の趣旨を理解している:普通
     論旨が通っている:良い
     その他(コメント)
      「チームアプローチについては、とても要点をよくまとめてあります。チーム内での精神保健福祉士の役割は、生活者の視点を持つ専門職としての役割の他に、コーディネーターとしての役割も求められます。」
     多職種連携(チームアプローチ)とは、異なる専門職種がチームを編成して共通の目的を達成するために協力することで、各専門職が独自にもつ知識と技術を駆使して、お互いの専門性を尊重しながら、協働作業を実施する事を言います。
     多職種連携を行うにはチームメンバーの信頼関係が最も重視されますが、留意点としてチームメンバーの専門性や役割・機能の相互理解が必要です。問題解決には多くの人々によって達成されるという共通認識をもち、自らの専門性に固執せず、他の専門性に対して開かれている事が求められます。ワーカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。