保険医療サービス「診療報酬制度における、「出来高払い」と「包括払い」の特徴(長所・欠点を必ず含める)について、病院の立場、患者の立場の両方の視点で述べよ。」(84点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数370
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目>保険医療サービス
    <課題名>「診療報酬制度における、「出来高払い」と「包括払い」の特徴(長所・欠点を必ず含める)について、病院の立場、患者の立場の両方の視点で述べよ。」
    の課題で(100点満点中84点) の評価でした。課題作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (2)診療報酬制度における、「出来高払い」と「包括払い」の特徴(長所・欠点を必ず含める)について、病院の立場、患者の立場の両方の視点で述べよ。 <引用・参考文献>
    ロハス・メディカル ホームページ
    ニュース~医療の今がわかる
    「出来高払い」と「包括払い」の微妙な関係
    (http://lohasmedical.jp/news/2009/06/27121627.php)
    <講師からの評価と所見>
    評価点:84点(100点満点中)
    所見
     診療報酬制度における「出来高」「包括」払いの特徴について、的確に論述できており、学習成果が伝わるレポートでした。  従来、日本の診療報酬は出来高払い方式をとってきました。しかし、平成15年度より、疾病群別包括払い制度が特定機能病院の入院診療の診療報酬支払に導入されました。それでは、この「出来高払い方式」と「包括払い方式」とはどのような方式で、どのような特徴をもっているか述べたいと思います。
     まず、簡単に説明すると、「出来高払い方式」とは、実際に行なった医療行為ごとに医療機関が報酬の支払いを受ける方式です。一方、「包括払い方式」とは、実際に行な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。