相談援助演習⑤「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。」(37点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数749
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目>相談援助演習
    <課題名>「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。」
    の課題で(50点満点中37点) の評価をいただいたものです。課題作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (1)「社会福祉士の役割」とは何か?自身の実践を踏まえて私見をまとめなさい。 <引用・参考文献>
    電子政府の総合窓口イーガブ ホームページ
    「社会福祉士及び介護福祉士法」
    (http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S62/S62HO030.html)
    <講師からの評価と所見>
    評価点:37点(50点満点中)
    所見
     社会福祉法でいわゆる義務等を御自身の実践と結びつけて述べると深まりがあるものになります。  1987年に制定された「社会福祉士および介護福祉士法」において、「社会福祉士」とは、「専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者」と定義づけされています。つまり、社会福祉士の役割とは、日常生活において、何らかの支障がある人たちの相談や助言又は支援を行ない、生活の質を少しでも向上できるようにサポートすることであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。