相談援助演習④「あなたがこれまで関わってきた人たちの中で、エンパワメントできた(または、できなかった)事例について、そのプロセスやアプローチの仕方等に言及しながらまとめなさい。」(45点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数855
ダウンロード数53
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目>相談援助演習
    <課題名>「あなたがこれまで関わってきた人たちの中で、エンパワメントできた(または、できなかった)事例について、そのプロセスやアプローチの仕方等に言及しながらまとめなさい。」
    について(50点満点中45点) の評価を頂いたものです。課題作成の参考に使ってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (1)あなたがこれまで関わってきた人たちの中で、エンパワメントできた(または、できなかった)事例について、そのプロセスやアプローチの仕方等に言及しながらまとめなさい。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会:編集
    「新・社会福祉士養成講座 社会福祉士 相談援助演習」
    中央法規出版 2011年10月1日発行
    社会福祉士養成講座編集委員会:編集
    「新・社会福祉士養成講座 相談援助の理論と方法Ⅱ」
    中央法規出版 2009年3月31日発行
    <講師からの評価と所見>
    評価点:45点(50点満点中)
    所見
     本人の問題の捉え方を受容し、本人の強さを確認し、それに依拠し、本人を支援の経過に関わらせていく。さらに、共同活動を活用していく。本人の力と、環境、両者を結合し、相互作用をもたらす。今後ともエンパワメントを意識した実践を継続して下さい。  エンパワメント・アプローチとは、利用者のもっている力に着目し、その力を引き出して積極的に利用、援助することをいいます。エンパワメントは、クライエント自身が問題解決の主導者であることを前提としており、援助者は原則として側面的援助に徹するべき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。