地域福祉の理論と方法①「地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。」(40点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数593
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目>
    <課題名>地域福祉の理論と方法「地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。」
    の課題で(50点満点中40点) の評価を頂いたものです。課題作成に参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (1)地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会:編集
    「新・社会福祉士養成講座 地域福祉の理論と方法」
    中央法規出版 2009年3月31日発行 P2~25
    ユーキャン社会福祉士試験研究会:編集
    「U-CANの社会福祉士速習レッスン(共通科目)」
    株式会社ユーキャン学び出版 2009年8月20日発行
    P228~243 <講師からの評価と所見>
    評価点:40点(50点満点中)
    所見
     地域福祉の返遷について述べられていますが、人物・業績などよい点に着目し考察されています。ところで、いわゆる3.11後、私たちは「今ここに生きることの意味」を問われていると言えます。今後の地域福祉をどう創造するか、何を拠り所とするか、改めて考えていかなければならないといえます。感謝と謙虚さをもって取り組み、地域社会に還元できればいいですね。  わが国の地域福祉の発展過程を振り返ると、セツルメント運動の先駆けとして、アメリカの宣教師A.P.アダムスが1891年に岡山博愛会、片山潜が1897年にキングスレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。