権利擁護と成年後見制度「わが国の成年後見制度の概要を述べたうえで、なぜ成年後見制度が導入されたのかについて私見を述べなさい。」(78点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数307
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目>:権利擁護と成年後見制度
    <課題>わが国の成年後見制度の概要を述べたうえで、なぜ成年後見制度が導入されたのかについて私見を述べなさい。
    の課題で(100点満点中78点)の評価を頂いたものです。課題作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (1)わが国の成年後見制度の概要を述べたうえで、なぜ成年後見制度が導入されたのかについて私見を述べなさい。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会:編集
    「新・社会福祉士養成講座19 
    権利擁護と成年後見制度」
    中央法規出版 2009年1月20日発行
    ユーキャン社会福祉士試験研究会:編集
    「U-CANの社会福祉士速習レッスン」
    株式会社ユーキャン学び出版 2009年8月20日発行 <講師からの評価と所見>
    評価点:78点(100点満点中)
    所見
     成年後見制度の中核をなす法定後見制度の概要が、旧民法の改正(禁治産および準禁治産)による成立の経緯や任意後見制度の説明を含めて、コンパクトかつ丁寧にまとめられています。また、導入の背景として、ノーマライゼーションの理念や介護保険法の成立に言及されていることも的確で評価できます。その上で、これらの制度転換は、戦後50年にわたる社会福祉サービスの提供システムを措置から契約制度へと転換する社会福祉基礎構造改革を背景としていることを指摘すると良いでしょう。さらに、成年後見人(特に社会福祉士などのソーシャルワーカー)の役割として「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。