5 社会調査の基礎(80点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数570
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉介護

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会福祉士
    科目「社会調査の基礎」
    課題「社会調査を行う上での基本的視点及び留意点について、あなたの考えを述べなさい。」
    の課題で(100点満点中80点)の評価を頂いたものです。課題作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査を行う上での基本的視点及び留意点について、あなたの考えを述べなさい。 
     社会調査を行う上で基本かつ重要と思える1社会調査の意義と目的、2社会調査の対象、3統計法の概要、4社会調査における倫理、5社会調査における個人情報保護、6社会調査の実施にあたってのITの活用法、について述べたい。
     1、社会調査の意義と目的。
     社会調査の実施は、調査の一連の手続き、テーマ設定、対象選定、項目(回答選択肢・自由記述回答)作成、データ収集・分析、調査結果公表などの過程で生じる疑問に答えていくことと同じである。調査主体の都合や好き嫌いでは答えにはならない。手続きの合理的な可視化が必要である。またその上で、調調査対象の実態を発見する、確かめる、説明することを通じて、調査主体と調査対象の間の情報の非対称性の低減が可能になる。
     2、社会調査の対象。
     統計・調査方法により、①全体対象とする統計的・量的な全数(悉皆)調査、②部分を対象とする統計的・量的な標本(一部)調査、③部分を対象とする記述的・質的な事例調査、④全体を対象とする記述的・質的な集落調査に分けられる。
     3、統計法の概要。
     統計法は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。