相談援助の理論と方法③「ケースカンファレンスの意義・目的~」(43点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,141
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉介護

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目名> 相談援助の理論と方法
    <課題名> ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。
    の課題で(50点満点中43点)の評価を頂いた課題です。課題作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <科目名>
    相談援助の理論と方法 <課題名>
    (3)ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。
    (1400~1600字で述べなさい) <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会:編集
    「新・社会福祉士養成講座18 相談援助の理論と方法Ⅱ」中央法規出版 2009年3月10日発行 P204~206
    社会福祉士受験支援講座・教員日記 HP
    相談援助の理論と方法 第47回講義
    http://miseki.exblog.jp/15040407
    <評価>
     43点(50点満点中)
    <所見>
     レポートの記載ご苦労様です。
    カンファレンスの実施はクライエントのセーフティーネットを細かくなるのみならず、専門職同士の支援でのセーフティネットとなり、強力なチームを形成させます。発言そして、意味有るカンファレンスにしましょう。 ケースカンファレンスの意義として、ケースカンファレンスとは事例検討会の事でケアプランを作成した後に、利用者が援助過程の中で、状態の変化や新しい課題・問題点がないか、適切な援助目標や援助計画に基づいた介護サービスが提供されているかどうかについて、実際にあった事例を用いて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。