更生保護制度「保護観察(社会内処遇)」について~(90点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数592
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉介護

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目名> 更生保護制度
    <課題名> 「保護観察(社会内処遇)」について、指導監督、補導援護及び遵主事項(一般遵守・特別遵守)について論じなさい。
    の課題で(100点満点中90点)の評価を頂いた課題です。課題作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <科目名>
    更生保護制度 <課題名>
    「保護観察(社会内処遇)」について、指導監督、補導援護及び遵主事項(一般遵守・特別遵守)について論じなさい。
    (1400~1600字で述べなさい。) <引用・参考文献>
    新・社会福祉士養成講座編集委員会編
    「更生保護制度」(第1版)2009 P.21-P.27
    ユーキャン社会福祉士試験研究会:編集
    「U-CANの社会福祉士速習レッスン(専門科目)」
    株式会社ユーキャン学び出版 2009年9月20日発行 <評価>
     90点(100点満点中)
    <所見>
    よくまとまっています。
    補導援護についてはソーシャルワークの専門性に着目し理解しておいて下さい。  保護観察とは犯罪や非行をした人たちに通常の社会生活を営ませながら、改善更生を図る事であり、通常1人の対象者を保護観察官と保護司が共に担当して、指導監督と補導援護の2つを組み合わせる形で行なわれます。
     指導監督は、対象者が再び犯罪に陥ることなく、改善更生するために必要な事項として定めた遵守事項によって行動規制を行なうもので、保護観察の権力的、監督的な側面を有し、次の3つの方法によって行なわれます。①面接そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。