相談援助の倫理と方法①<ソーシャルワークにおけるインテークの重要性について論じなさい。>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,506
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士
    <科目>:相談援助の倫理と方法①
    <課題名>:ソーシャルワークにおけるインテークの重要性について論じなさい。
    の課題で(50点満点中42点)の評価を頂いた課題です。課題作成の参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    (3)ソーシャルワークにおけるインテークの重要性について論じなさい。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会:編集
    「新・社会福祉士養成講座7 相談援助の理論と方法Ⅰ」
    中央法規 2009年3月31日発行 P101-105
    ホームページ
    社会福祉士養成科 社会福祉士受験支援講座・教員日記
    相談援助の理論と方法
    第5回講義レジュメ 後編 受理面接・インテークとは
    (http://miseki.exblog.jp/15964256/) <評価と所見>
    評価(50点満点)
     42点
    所見
     その他で言いますとスクリーニング作業も実施しな
     くてはいけません。対応するソーシャルワーカーを
     変える場合にも適切に説明を行ない、送致する。
     この対応を間違えると、ソーシャルワーカー自身の
     信用を失います。  インテーク(受理面接)は、援助の過程ではクライエント(この段階では申請者)が、最初に援助機関と出会う大事な局面であり、クライエントの問題を、援助者は的確に把握し、その人にとって最も適切な機関を判断する場面でもある。つまり、相談援助(ケースワーク)は実質的にインテークによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。