学校教育課程論 レポート 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数271
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度提出のレポートです。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて,その基準と編成原理,今日的課題についてまとめてください。
    学校が教育課程を編成する場合には,学校教育目標の設定,指導内容の組織及び授業時数の配当を基本的要素として検討しなければならないが,その前提としなければならない原則的事項がある。『小学校学習指導要領「第1章総則」』では,以下の4つにまとめて示している。①法令及び学習指導要領の示すところに従うこと。②児童・生徒の人間として調和のとれた育成を目指すこと。③地域や学校の実態を考慮すること。④児童・生徒の心身の発達段階や特性などを十分考慮すること。すなわち学校での教育課程の基準は学習指導要領によって規定されている。
    その時期その時代にどのような教育が望まれているのか,子どもたちに求められる授業のあり方とは何かという議論のもと,子どもの「見る・聞く・話す」を中心とした「経験主義」を本流とする考え方と,「読み・書き・計算」を中心とする「系統主義」を教育の本質とみる考え方の間で学習指導要領は幾度も変遷を遂げてきた。社会変化に伴う学習指導要領の改訂は学校現場での教育課程(教育内容)に大きな転換をもたらす。小学校における学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。