教育原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数149
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原理
    設問Ⅰ
    ① (3)-演習問題③ 欧米またはアジアの学校教育制度から1つの国を選びその制度の特
    徴をまとめなさい。(アメリカの場合)
    アメリカの公教育の運営は、公立学校の所在する地域に住む人々の願いや要求が直接反映
    されるように、各州及び、各地方自治体に委ねられていて、教育費の額は各地方自治体が決めます。アメリカの学校教育は学校区単位で行われており、各学校区は1つの市で構成されている場合や、いくつかの市で構成されている場合もあります。カリキュラム、教科書、授業時間数、各教科の指導方法、課外活動、行事など学校の全ての運営は各学校区の判断に委ねられています。義務教育については、州によって違うが、幼稚園1年(キンダ-ガ-テン)、小学校5年(エレメンタリ-スク-ル)、中学校3年(ミドルスク-ル)、そして高校(ハイスク-ル)4年で計13年とするところが多いが、小学校と中学校を一緒にして8年で、エレメンタリ-スク-ルとしている所も多くあります。義務教育を述べましたが、アメリカには「親が子供を学校に行かせなければならない」、と言う法律は無く、これは「教育の自由」と言う考えからです。 
    私の考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。