経済システム分析  合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数457
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済システム分析
    バーチャルオーガニゼーションと共有モデルについて説明しなさい。
    バーチャルオーガニゼーションについて…
    (1)自前モデルと共有モデル
    バーチャルオーガニゼーションとは、多数の企業、大学、官公庁、病院などが、それぞれに自前で事業(ビジネス)を行うのではなく、システムを共有して事業を行う状態のことをいう。具体的には、電子インボイスとインターネットを利用して事業を行うことである。今までの組織モデルを自前モデルとすれば、バーチャルオーガニゼーションは共有モデルである。今までも、法務管理や広告や輸送については共有されていて、専門家ないし専門会社に委託していた。しかし、共有モデルを採用するバーチャルオーガニゼーションにおいては、生産、販売、労務、財産、計画策定、調達、従業者教育、施設管理、資産運用などさまざまな業務について共有するのである。
    (2) 標準化、モジュール化、共有化
    バーチャルオーガニゼーションで重要なことは、電子インボイスとインターネットを利用して事業を行うために、標準化、モジュール化、共有化が実現されることである。
     標準化、モジュール化、共有化によって、バーチャ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。