経営の応用  合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数357
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブルーオーシャン戦略論の概要を説明したうえで、ブルーオーシャン戦略の成功事例というにふさわしい事例を自身で見つけ出して、説明してください。
    ブルーオーシャン戦略論の概要
    ブルーオーシャン戦略論とは、INSEAD(欧州経営大学院)教授のW・チャン・キムとレネ・モボルニュが著したビジネス書の中で述べられている経営戦略論である。
    ブルーオーシャンとは、血の海を意味するレッドオーシャンに対する言葉であり、レッドオーシャンが既存市場での競争相手との血みどろの競争を意味するのに対して、ブルーオーシャンは競争相手のいない独占的な未開拓市場をつくって繁栄する経営戦略である。
    専門家やマニア向けなど、非常に限定された市場ドメイン(企業が経営活動を行って存続していくための事業領域を指すこと)に特化し、その市場ドメインでのシェアや収益性の維持を目指す戦略。いわゆる、ニッチ戦略(焦点絞込戦略)に似ている経営戦略である。
    ブルーオーシャン戦略には策定の原則と実行の原則を合わせた6つの原則がある。
    策定の原則
    1.市場の境界を引き直す2.細かい数字は忘れ、森を見る3.新たな需要を掘り起こす4.正しい順序で戦略を考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。