教育制度論  合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数367
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )


    公教育制度の基本原理として子供の「教育を受ける権利」の保障が求められる。外的側面は義務性、無償性がある。また内的側面としては中立性がある。それぞれについて解説するとともに、あなたが考える義務性、無償性、中立性の課題をあげ、その解決方策について述べなさい。
    ●義務性とは…
    義務教育を指し、法制上、就学義務のみを指すのではなく、学校設置の義務、避止義務さらには義務教育の無償、あるいは教育援助など、国の義務も含むものである。義務教育は教育を受けさせる義務ではなく、教育を受ける権利を保障するための義務となっている。子供ではなく子供の周りにある環境が子供たちの義務教育を受ける権利を保障しなければならない。つまり、親、国などに対する義務である。
    課題
    市場原理に基づく、就職に有利になるような知識や資格の選択権として教育の自由が語られたりし、また逆に国家主義的な必要から「公」を強圧的に強調することは避けなければならない。
    解決方策
    子供の意見を尊重し義務的には学校へ通わせず、子供が将来やりたいことを第一目標とし、親や国はその子供の勉強や進路考え、サポートする。
    ●無償性とは…
    教育を受けることに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。