教育概論  合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題Ⅰ
    1中央教育審議会は、「教師に対する揺るぎない信頼を確立する-教師の質の向上-」を提言している。このことに関して、あなたの意見を述べなさい。
    私が考える教師像は、まず教師という仕事に熱心であり、豊かな人間性が必要である。しかし、教師としての専門的な知識を持たないと、役立たずになってしまい、子供からの信頼も無くなってしまうのだ。教師と子供は鏡であり、教師がいい加減な態度を示すと、子供も同じでいい加減になってしまうのだ。逆に教師がしっかりしていると、子供もしっかりしていくのである。だから教師には絶対的な信頼が確立されなければならないのだ。学校教育や教師に対する信頼を確保するために、教員評価への取組が必要である。
    「教師の質の向上」と書かれているが、逆に「教師の質は低下」しているのだろうか。
    それには、教師の不祥事が後を絶たないことがあげられます。児童買春、飲酒運転、その他いろいろ。現職の教師たちが引き起こす不祥事が、マスコミを通じて多くの視聴者の目に触れ、教師のモラルの低下を質の低下と呼んでいる場合です。それは人間的に質が低いのであって、教師の質ではないのだ。まず、不祥事を起こすよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。