基礎生命科学  合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数362
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    細胞小器官にはどのようなものがあるか、それらの役割とともに書きなさい。
    細胞小器官には核、ミトコンドリア、リボソーム、小胞体、ゴルジ体、リソソーム、ペルオキシソーム、中心体、細胞骨格がある。
    核は細胞全体の活動を制御する役割を持つ細胞の中枢である。核には親から子に遺伝する時に重要な、遺伝子が存在する。
    ミトコンドリアは人間の動くエネルギーとなるアデノシン三リン酸を産生する役割を持つ。
    リボソームは核からの遺伝情報をもとにタンパク質が合成する役割を持つ。
    小胞体は粗面小胞体と滑面小胞体がある。滑面小胞体は膜をつくるリン脂質を合成することなど、さまざまな役割を持つ。たとえば、肝臓における薬物の解毒、ステロイドホルモンなどの代謝、糖代謝などに関与している。
    ゴルジ体は細胞内で合成したタンパク質などの物質を集め・濃縮し・運搬する役割を持つ。
    リソソームは核酸、タンパク質、脂質の分解酵素があり、内膣は酸性になっている。不要になった細胞内小器官や異物などはリソソームと融合して消化・分解する役割を持つ。
    ペルオキシソームは多数の酸化酵素を持ち、脂質の酸化やさまざまな物質代謝を行う役割を持つ。中心体は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。