学校教育相談  合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数142
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育相談
    設問Ⅰ
    ① (5)-演習問題① 発達障害の定義についてまとめなさい。
    発達障害とは、発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。
    自閉症とは、他人とうまく関わりあうことができない、言語やジェスチャーなどを介してのコミュニケーションがうまくできない、回りの事物との関わりかたがおかしい、感覚の受容、表出の異常、発達の遅れやアンバランス、といった諸症状を示す症候群です。
    アスペルガー症候群とは、会話能力があるが、自閉症同様の社会の問題である独特の人付き合い、コミュニケーションの問題、想像力の創造性の障害、この3つ組を併せもった発達障害のことを言います。発達障害のある子どもへの支援のために、文部科学省、厚生労働省などと連携しながら、特別支援教育をさらに充実させる必要があります。
    私の考えは、重度又は軽度の発達障害のある子どもたちを「定義」という型にはめて発達障害であるかどうかを決めることは適切ではないと考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。