流通概論  合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数628
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    流通概論
    消費者自らが流通チャネルを通して、製造業者や生産者から商品を購入しようとすると、配達費や人件費や交通費という、大きいコストがかかってしまうのである。そこで製造業者や生産者と消費者の間に流通業者が介入することによって、配達費や人件費や交通費を削減できるのである。
    例えばユニクロのワイシャツをショップで購入すれば3000円以下で購入できる。しかし、そのワイシャツを作っている中国の工場まで購買に行っても、日本から中国までの交通費に数万円はかかってしまうのだ。すなわち、日本の近所のショップで買ったほうが安く付くのである。流通業者は、消費者が商品を買うのに「商品価格+交通費+人件費」を払う所を「交通費+人件費」を除く、流通業者が提供する「商品価格」だけの価格で購入できるようにするのだ。
    次に流通業者が流通チャネルに存在し、社会的意義を生み出す理論的根拠は大きく4つの根拠が考えられる。その根拠によって流通業者や生産者、小売業者、消費者などがコストの削減や事業の効率を上げることになるのだ。
    第1の根拠は取引数単純化の原理である。これは生産者などから小売業者までの流通経路に流通業者が介入する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。