哲学:フーコーの思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数555
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    思想狂気歴史言葉監獄処罰誕生社会日本専修

    代表キーワード

    哲学

    資料紹介

    フーコー思想史のまとめ。『狂気の歴史』、『言葉と物』、中期の『監獄と処罰――監獄の誕生』、後期の『性の歴史』読書レポート。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    水曜5限 哲学概論b課題レポート
    フーコーの思想について
     授業内で扱われた哲学者の中でミシェル・フーコーを取り上げる。フーコーの生涯の中で思想は大きく3つに分類される。著作で言えば初期の『狂気の歴史』、『言葉と物』、中期の『監獄と処罰――監獄の誕生』、後期の『性の歴史』である。
     フーコーの研究経歴は、科学史の領域からスタートする。彼の関心は日常生活と関わりの深い精神医学や臨床医学へと向けられた。これらは外在的な諸要因と深い関わりを持っており、歴史的にも社会と一体となって発展してきた分野である。そうした科学と社会のかかわりを探究するフーコーは「知」という独特の観点を生む。これは物事に関して人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。