心理学:ロバート・チャルディーニ著 『影響力の武器 第二版』 誠信書房を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数429
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ロバート・チャルディーニ著 『影響力の武器 第二版』 誠信書房読書レポート。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2010年度
    心理学302レポート課題
    ・ロバート・チャルディーニ著 『影響力の武器 第二版』 誠信書房を読んで
    クリシュナ協会は寄付金を集めるために用いたやり方をまとめましょう。
    何世紀もの歴史のあるハレー・クリシュナ協会はアメリカで活動を始める際、みすぼらしい恰好をして人の注意を引いて募金を集めようとしたが大した効果はなかった。よって彼らは寄付金を集める人に対して、人々が必ずしも良い感情をもつ必要がないようにした。返報性のルールを取り入れ公共の場などで寄付金を要請する前に、ねらいをつけた人に本や花などが「プレゼント」として渡された。何も知らない通行人は突然「プレゼント」を押し付けられ、いらないと言い張っても返すこともできない状況に追い込まれる。この「恩人から乞食に変貌する方略」にとって協会は膨大な経済的利益を得た。しかし返報性のルールが弱体化しただけでなく、一般市民も「プレゼント」を撃退する対策を講じるようになった。これらに対抗すべく勧誘者はクリシュナ協会であるとすぐにさとられないように現代的な身なりをするようになった。ただしそうやって変装しても特にことがうまく運ぶようにはならなか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。