教育行政論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数300
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    必修教職科目レポート。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育行政論
    課題レポート
    使用図書『教育の3C時代 イギリスに学ぶ教養・キャリア・シティズンシップ教育』
                   杉本厚夫・高乗秀明・水山光春著
    (1)著者の主張点
    第一章:教養教育―――「自尊意識」と「自律」を育てる (杉本厚夫)
    自分が嫌いであるということは、今の自分が認められず自分を受け入れられない「自己肯定感の喪失」という。現代の子どもたちをめぐる様々な問題は、これに多く起因していると考えられ、反省やごほうびといった外発的動機付けによってこれまでの教育は行われてきたと言える。そのため常に子どもの視線は自分の外に向いており、自分の行動が他人にどう評価されるのかという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。