文学 分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数475
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文学 分冊2
     文学の他の芸術ジャンルと異なる特性について考察せよ。
    〈ポイント〉
     芸術のさまざまな表現手段
     言語芸術がもつ特質―作者と読者―
     時間的、社会的、空間的な変化がもたらす読者の立場
     想像力、構想力が作者、読者にどう働くか
    〈キーワード〉
     ○言語芸術 ○作者の立場 ○読者の立場 ○構想力 ○追体験
    芸術とは、表現者あるいは表現物と鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感動的な変動を得ようとする活動である。芸術を大きなジャンルとして分けると、視覚芸術である空間芸術と時間芸術に分類することができる。空間芸術とは、その空間だけで一瞬で全てを表現し、物質的材料を用いて空間に形を表現する芸術であり、具体的には絵画や彫刻などを指す。時間芸術とは、ある一定の時間をかけて、時間的な発展や継起、運動を特徴とする芸術であり、具体的には音楽や映画、演劇、文芸などを指す。そこで文学が他の芸術ジャンルと異なる特性について、空間だけで一瞬で表現できる絵画などの美術と、一定の時間をかけて鑑賞する文学との違いを考察していく。
     芸術は、一般的に表現者側主体の活動と捉えられがちだが、表現者が鑑..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。