文学 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数777
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文学 分冊1
     近代における大衆文学の発生と展開について説明しなさい。
    〈ポイント〉
     明治から大正へと移り変わるにしたがって、マス・メディアの大型化と多様化などが活字文化の大衆化を可能としたことが基盤にある。
    〈キーワード〉
     ○時代小説 ○新聞小説 ○家庭小説 ○通俗小説 ○マスコミ
    近代における日本文学は、明治維新後に西洋の思想や文化を積極的に取り入れた文明開化が進められたことで、文学に大きな影響が生じた。大衆文化は芸術性や形式を重視したものから、娯楽性・商業性を重視したものへ変化し、文学面にも同じような変化がみられた。そして大正末期には「大衆文学」が発生し、「純文学」と区別されることになるが、この大衆文学がどのように発生し、展開されていったのかについて述べていく。
     文学の世界では大きなジャンルとして純文学と大衆文学とに分けることができる。純文学とは、商業性よりも芸術性、形式に重きを置いている小説の総称で、大衆文学とは純文学の逆の存在で、物語性・通俗性の高い娯楽的な小説の総称である。大衆文学は具体的には、封建社会を舞台にした通俗的な時代小説である通俗小説や、明治三〇年代に始まる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。