考古学入門 分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,144
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。 キーワードを全て使用し、まとめました。 参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     考古学入門 分冊2
     考古資料の「型式と編年」・「型式と機能」・「型式と地域」について述べなさい。
    〈キーワード〉 ○型式学 ○層位学 ○時間差 ○地域差 ○機能差
     考古学における物質的資料とは、物質の上に残された人間活動全ての痕跡を指し、多くのものがある。その中には、土器・石器・青銅器などの人工的遺物や、住居・水田・墓地といった人類が大地に刻み込んだ遺構がある。これらを包括する遺跡には、時間的空間的に同質な物、あるいは異質な物など様々な特徴を備えている物が存在する。人類が作り出した人工物において物理的に共通する一群の特徴によってまとめられ、分類された単位を型式という。型式を構成する要素には、時間的空間的に同質な物、材質や形態、製作技法、他の型式と区別する特有の文様、装飾、手法などの特徴(属性)なども重要な条件として含まれており、これらを用いて特徴ごとに型式分類することができる。こうした分類は、資料の新旧の順序の編年、資料が持っている機能、そして出土した地域に区別することができる。以上のことを踏まえながら、「型式と編年・機能・地域」について述べていく。
     「型式と編年」・・・考古学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。