国文学講義Ⅰ(上代) 分冊2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数564
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国文学講義Ⅰ(上代) 分冊2
    上代説話の六つの類型説話と農耕説話から一つ取りあげて、それぞれの特徴について説明しなさい。
    その時には「古事記・日本書紀・風土記」などを参考にして、それぞれの説話に一例ずつ具体的に示すこと。
    〈ポイント〉通信教育教材をよく理解しておくこと。
    〈キーワード〉○内容 ○性格 ○モチーフ ○起源
    上代説話の六つの類型説話と農耕説話から「英雄説話」と「五穀の起源説話」について説明していく。
     「英雄説話」とは、神であろうと人であろうと問わず、英雄たるものは、衆にすぐれた武力と愛情とを持ち合わせ、それだけに花々しい行為の主体者となるものである。英雄説話のモチーフとして、その行為が、あるものは国家建設のごとき国家的、集団的英雄行為となることもあり、またあるものは、怪物退治のごとき個人的英雄行為となる場合もある。
     英雄説話の説明として、『天照大御神と須佐之男命』を取り上げるが、日本神話の上で、英雄と見なされるものは、天孫系の神々の中では天照大神であり、出雲系の神の中では須佐之男命と大国主命である。このうち、天照大神と須佐之男命は、種々の点において対立的に取り扱われてお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。