情報概論 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数467
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     情報概論 分冊1 [新教材]
    「SSLとは何かを述べ、利用する場面、確認方法、必要とされる技術的理由、実現の仕組みについて説明しなさい。」
     〈キーワード〉 ○インターネット ○セキュリティ
    SSLとは、Secure Socket Layerのことで、インターネット上でデータを暗号化して送受信する方法のひとつで、Netscape Communications社が開発した公開鍵方式と秘密鍵方式による情報通信方法のことである。インタ^ネットは日常生活に必要不可欠な存在となっているが、インターネットを流れる情報は第三者に見られてしまう危険性がある。こうした危険性の防止対策として、セキュリティ対策が必要なのである。
     通常、暗号化して送る側と受け取って復号化する側は共通の鍵を持ち、他人に知られないようにして通信を行っているが、このような暗号化方式を「共通鍵方式(秘密鍵方式)」という。これに対して鍵を第三者にも公開してしまう暗号化方式を「公開鍵方式」といい、SSLでは秘密鍵方式と公開鍵方式の二つの通信を用いて暗号化を行っているのである。
     では、AからBへ文書を公開鍵方式で送る状況を前提とし、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。