商学総論 分冊2 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数598
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    参考文献・・・『商学総論』佐藤稔 編 (2006年4月1日 日本大学通信教育部 発行)
    「小売商業のチェーン化について説明しなさい。」
    〈キーワード〉 ○チェーン・ストア ○ボランタリー・チェーン ○フランチャイズ・チェーン
    チェーン・ストアとは、一つの企業が二つの店舗を経営し、多店舗展開をする企業形態を意味している。わが国では未だ統一的な概念規定はないが、経済産業省では10店舗以上を保有する小売企業を指し、日本チェーン・ストア協会は11店舗以上又は年商10億円以上を指し、諸外国でも11店舗程度を基準とする国が多くなっている。チェーン・ストアの特性は百貨店とは本質的に異なり、次のように要約することができる。
    第一は、単一資本の企業が、分散している多数の店舗を中央集中的に管理・運営する小売形態であること。第二は、各店舗が価格に意識的な消費者を対象として食料品、衣料品、日用品などの定型化、標準化された同一範疇に属する比較的値段の安い日常生活必需品について、大量販売体制を採用していること。第三は、地域分散的消費に対応するために、多数の比較的小規模な店舗を地方都市や郊外に空間的に分散しているこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。