商学総論 分冊1 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数666
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    参考文献・・・『商学総論』佐藤稔 編 (2006年4月1日 日本大学通信教育部 発行)
    「流通の生成と発展について説明しなさい。」
    〈キーワード〉 ○自給自足経済 ○交換経済 ○市場経済
    生産と消費の関係を歴史的にみると、「自給自足経済」あるいは原始社会では、血縁的集団としての原始的共同体単位で経済活動を営んでおり、生産から消費という経済の全循環、全鳥瞰である経済組織は、家族を中心とした集合体として形成していた。生産様式の基本構造は、共同の土地を有し、共同の経済を営み、共同の権利保護団体を形成していたために、経済単位内で生産された生産物は、経済単位内で消費され、経済単位内で消費される生産物は、経済単位内で生産されていた。それ故、交換という概念を欠き、純然たる自己生産であったのである。
    このように、生産より消費への経済の全循環が閉鎖された範囲内で完結されていたために、共同的所有あるいは共有財産制を原則として財産の私有はなく、家族間での交換現象は見られず、交換の必要性、交換の概念も存在していなかった。いわば自給自足経済下では、分配も流通も行われず、生産-所有-消費という関係が成立し、生産と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。