経済学 分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数427
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大日大通信通信通教経済学

    代表キーワード

    日本大学経済学

    資料紹介

    合格レポートです。参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    参考文献・・・『経済学』日本大学通信教育部編(平成16年4月1日)
    「貨幣の働きと人々の貨幣保有動機について説明しなさい。」
    貨幣の主な機能は以下の3つが挙げられる。①貨幣の一般的交換手段、支払(決済)手段としての機能。②価値尺度、計算単位としての機能。③価値の貯蔵手段である。経済主体はこの三つの機能を利用し、日々経済活動を行っている。
     私たちの生活の中で最も利用されている機能が①の一般的交換手段、支払(決済)手段としての機能である。
     貨幣が存在していなかった物々交換であった世界では、人びとが他人の持っている物が欲しくなり、自分の持っている物と直接に交換し自分と相手の欲求を満たしていたのである。しかし、お互いの欲求が必ずしも一致するわけではない。なぜならば、全ての人がお互いの持ち物を欲しているわけではないためである。このような世界での取引を成立させるまでには大変な労力を要していたため、貨幣が誕生したのである。
     現在、私たちが日々暮らしている社会では、多くの財、サービスの購入や貸借関係に基づく債務を返済する必要がある。こうしたものの提供を受ける為には貨幣の支払いが一般的である。貨幣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。