経済学 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数403
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大日大通信通信通教経済学

    代表キーワード

    日本大学経済学

    資料紹介

    合格レポートです。参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    参考文献・・・『経済学』日本大学通信教育部編(平成16年4月1日)
    「完全競争市場のもとで効率的な資源配分が達成される際、消費者と企業はどのような行動をしているのかを説明しなさい。」
    完全競争市場とは、経済学において消費者や生産者一人ひとりが市場に対して影響力を持たない状態を考えたもののことを完全競争市場と呼ぶ。また、完全競争市場は経済学の代表例として挙げられ、市場参加者の最適な資源分配や、市場での価格を決定する過程における現実の市場原理、経済主体の行動経過を分析するための代表例の一つであると考えられる。
    完全競争市場が成立する条件として以下の4つが挙げられる。
    ①市場に売り手と買い手が存在し、市場に参加する経済主体の一人ひとりが市場に対して影響力をもたないこと。②取引きされる財が同質性であること。③あらゆる経済主体が完全な情報を持つこと。④市場への参入、および退出が追加的費用をかけずに自由に行えること。という、4つの条件を満たすことが必要とされているのである。
    ①の条件は、完全競争市場では個々の経済主体が市場への影響力を持たなければ、市場は需要と供給の関係によって、自らの自由意思で取..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。