日本経済論 分冊2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数470
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本経済論 分冊2 [新教材]
     参考文献・・・『日本経済読本 第18版』 金森久雄・香西泰・加藤裕己 編(2010年4月1日発行)
     
    若年者雇用の現状と今後の日本経済への影響について述べなさい。
    (ポイント)
     新テキストの第7章「雇用問題の現状と課題」を精読して、若年者雇用の現状と問題点を把握し、それを発展させて今後の日本経済への影響について考えてみて下さい。
    (キーワード)
     ○日本的経済慣行の変容 ○失業率 ○非正規雇用
     日本における日本的雇用慣行の変容と若年者雇用の現状をまとめていく。
     1990年代以降、日本の経済社会状況は大きく変化してきた。バブル崩壊後の経済低迷の長期化に加え、中長期的な人口の少子高齢化、経済活動のグローバル化、サービス化、情報通信技術を中心とした技術革新の進展、社会・経済的規制の緩和などを背景に、労働市場をめぐる環境や経営者、労働者の行動にも変化が生じている。それに伴い、長期的な雇用関係(定年までの終身雇用)、年齢、勤続年数に比例して高まる賃金体系(年功賃金)、企業別の労働組合、企業内訓練、遅い選抜、昇進などの特徴を持っている「日本的雇用慣行」も変..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。