日本経済論 分冊1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数525
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本経済論 分冊1 [新教材]
     参考文献・・・『日本経済読本 第18版』 金森久雄・香西泰・加藤裕己 編(2010年4月1日発行)
    地方分権と地方財政の再建について述べなさい。
    (ポイント)
     新テキストの第4章「地方財政の現状と地方分権」を精読し、地方財政悪化の現状とその要因、地方財政制度の問題点などを把握した上で地方分権と地方財政再建の取組みについてまとめていく。
    (キーワード)
    1990年代以降の経済の長期低迷 ○自治体の財政規律
    ○国と地方の関係 ○地方分権 ○財政健全化法の制定
     日本における地方財政悪化の背景に触れ、地方分権と地方財政の再建についてまとめていく。
     今日の自治体の財政危機ともいえる状況が生じた要因の1つ目は、バブル崩壊による長引く景気後退にあったといえる。1990年代不況に対して取られた国の景気対策として費やした事業規模の総額は120兆円に及び、こうした対策が大きく影響し、91年のバブル崩壊による不況は、失われた一〇年と称されるほど深刻な影響を日本経済にもたらしたのである。2つ目は、土地開発公社や第三セクターなど普通会計以外の財政状況の悪化である。地方自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。