国文学講義Ⅴ(近代) 分冊1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数336
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     国文学講義Ⅴ(近代)分冊1
     参考文献・・・『現代日本文学のながれ』(金沢近代文芸研究会 編 平成十九年一月二十五日 発刊)
    「森鷗外の文学的特性について記し、代表作一つを読んで、その作品の魅力について解説せよ。」
    (ポイント) ○知識人の文学 ○反自然主義の文学 ○西欧文学の紹介者
    (キーワード)○歴史小説 ○事実が語る魅力 ○家庭人としての鷗外と軍意図しての鷗外
    近代文学の巨峰として夏目漱石と並び称されているのが,森鷗外である。鷗外の文学的特性と代表作である『青年』を考察し、漱石の作品と対比を交えながら解説していく。
    鷗外は事実をありのままにとらえようとする自然主義に対し,主観と理想を重視する反自然主義の立場に立った考えを示していた。現実社会と自我との矛盾,そこから生じる苦悩を冷静に見据え、実在の人間を資料によって事実のまま叙述するという事実が語る魅力を追及した鷗外の考えは「諦念」といえよう。
    鷗外は大学卒業後、陸軍軍医となり、ドイツへ留学をする。鷗外は軍医として軍籍に着いていながら活発な執筆活動を行い、帰国後はドイツ留学を通じて育くんだ西洋文学の知識を用いて西洋理論の翻訳を行う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。