観光事業論 分冊2 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数714
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    観光事業論 分冊2
    参考文献・・・『観光事業論』(2011年4月1日 日本大学通信教育部 発行)
    観光地の開発・保全事業における開発と保全とは何かを明示し、土地利用の始点から、観光地の開発・保全計画を分類しなさい。
    はじめに、観光地の開発・保全事業を明示する前に、開発・保全計画について説明する。
    観光地開発・保全計画とは、観光者や地域住民の欲求や期待を満たすために、ある観光事業者とくに民間ディベロパーがリーダーとなって、他の観光関連事業者の立場を考慮し、個々の事業者では容易に立案し実行し難い理想的かつ全体的な観光地像を描いた観光政策、いわば観光市場創出政策、及び既成の観光地に発生した諸問題を可能な限り解決するとともに、保全・保護すべきものは保全・保護する観光政策、いわば観光市場守護政策を、同時により具体的に前進させ実現するために、その観光地を創造あるいは再編成する活動方法、手順、及び財政・資金などの枠組みを明示する一連の意思決定過程であり、その総合的・体系的立案内容のことである。
     観光地開発における土地・地域・空間に関する開発とは、基本的には、土地や森林などの天然資源あるいは人口資源..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。