観光事業論 分冊1 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数899
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    観光事業論 分冊1
    参考文献・・・『観光事業論』(2011年4月1日 日本大学通信教育部 発行)
    観光事業の目的と役割をふまえて、観光事業の特色を指摘しなさい。
    事業とは、ある指針、目的、目標、使命、あるいは樹立した政策や戦略に基づいて、これを達成させるために、経営資源を確保し、主として国内外の市場、顧客、消費者のニーズ・ウォンツの把握と理解、その変化に適応して市場、顧客、消費者を満足させる組織的・継続的活動を実行、創造する過程をいう。
    事業主体には、営利を目的とする個人・各種団体・民間企業だけでなく、営利を優先しない公企業、各種協同組合および非営利組織などが含まれる。事業の特色は、第1に、その目的が、元来、既存顧客を満足させ、新規顧客を戦略的に創出することである。第2に、最終的には営利を獲得するとはいえ、営利はあくまでも事業存続のための糧であって、本来、公共性の高い事業は、社会性、透明性、公平性、および便利性が求められることである。第3に、一般に経済活動の場所的単位として事業所(会社・事務所、営業所、商店、旅館など)を設置し、あるいは施設を建設し、その構成員によって技術革新、製品など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。