社会政策論・社会政策 分冊2 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数595
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会政策論・社会政策 分冊2
    終身雇用の現状について、その歴史的経緯をふまえて論じてください。
    〈ポイント〉雇用の流動化・多様化、財界の雇用戦略、高コスト構造
    〈キーワード〉労働者の帰属意識、労使協調主義、年功賃金
     「終身雇用」「年功序列」「企業別組合」などの日本的雇用慣行は、戦後の日本企業の雇用システムとして存在し、こうした日本型組織は、戦後の高度経済成長を推し進めてきた原動力であった。しかし、長引く不況や少子高齢化・国際化を背景に、日本的雇用慣行はそのあり方の転換を余儀なくされている。その日本的雇用慣行の1つである「終身雇用」について、その現状を述べていく。
     企業側からみた終身雇用は、企業にとっての優秀な人材の確保は、自社の利益に大きく関わる重要な問題である。優秀な人材である熟練労働者を自社に留めておくために、年功賃金体系、退職金、医療などの長期勤続奨励施策を導入し、長期雇用としての終身雇用を取り入れることになる。そして、熟練労働者が自分の技術を他の労働者に教育していくことにより、高い技能を備えた人材の育成と、技能伝承によって更なる熟練労働者の増加に繋がり、自社の利益が増加す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。